「群馬廃県」「前橋・高崎の東京編入」 驚きの公約で立候補、県議目指した男の正体

2019年4月26日 12:00

群馬を「廃県」したい――

2019年4月7日に投開票が行われた群馬県議会議員選挙に、こんな無謀とも言える公約を掲げた人物がいた。前橋市区から無所属で立候補した清水澄(ますみ)氏(70)だ。結果は落選。しかしその壮大な計画は、群馬県民に大きなインパクトを与えた。

清水氏のYouTube動画より
清水氏のYouTube動画より

例えば、清水氏の公式サイトにはこんなメッセージが。

「仮に、東京都まえたか市であったなら?それが自然体。その時、群馬県って何だろう」

「まえたか市」とは、前橋と高崎が合併した市だという。つまり清水氏は、両市を合併させたうえで、東京に編入させたいというのだ。あまりに壮大な発想に、度肝を抜かれてしまいそうだ。

いったい、清水氏とはどんな人物なのだろうか。Jタウンネット編集部は接触を試みた――。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Jタウンチャンネル
バイク買取販売店「バイクパッション」
ひろしまサンドボックスチャンネル
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ