群馬が「上毛かるた」なら、埼玉は... 実は存在した「彩の国かるた」、制作のねらいを聞いた

2019年4月15日 20:00

郷土かるたといったら群馬県の「上毛かるた」が有名だ。「鶴舞う形の群馬県」というフレーズは、他県民でも聞いたことがある人が多いのではないか。

しかし、この上毛かるたに負けず劣らず(?)の郷土かるたが、群馬のお隣・埼玉にあった。それは「彩の国21世紀郷土かるた」だ。

以下画像は埼玉県子ども会連合会提供
以下画像は埼玉県子ども会連合会提供

こちらの画像は新札の肖像になることになった渋沢栄一を題材に、

「栄一も食べたネギ入りにぼうとう」

と埼玉が誇る偉人と深谷市の郷土料理「煮ぼうとう」を紹介した札だ。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ