【速報】あのミミズク(置物)、見つけてきました

2019年2月22日 18:05

明るいうちに見ると、完全に...

中継映像とGoogleの「ストリートビュー」を何度も見比べること約1時間。ようやく、探し求めていたミミズク(置物)の場所を特定した。JR阿佐ヶ谷駅北口から、徒歩15分ほどの場所だ。

商店街を抜けて閑静な住宅街を歩いていると、見覚えのある場所にたどり着いた。おそらく、ここだろう。そう思ってカメラを構え、ズームしてみると――。

いた。

ミミズク(置物)。見つけた
ミミズク(置物)。見つけた

心の中で思わずガッツポーズしてしまった。「あの」ミミズクだ。

明るい時間帯にじっくり眺めて見ると、年季が入っているのか元々のデザインなのかわからないが、ところどころ茶色い部分が。ハッキリ言おう。カメラでズームしてみると、置物にしか見えない。

周りが明るければ、ホンモノと間違えることはなさそう
周りが明るければ、ホンモノと間違えることはなさそう

別カットでもどうぞ
別カットでもどうぞ

念のためだが、Nスタの取材班は夕方17時過ぎに中継をしていた。周囲が暗いと、本物のミミズクに見えてしまうのかもしれない。確かに、それくらいのリアルさはある。

さらに言えば、取材班は長い間ミミズクを追い求めていた。この置物を見つけて、興奮のあまり勘違いしてしまう気持ちも理解できる。

念のため、近くを散歩していたおばあさんに「マンションの上に何かいるの見えますか?」と聞いてみると、

「あら、大きな鳥がいるわね。今にも動きそうな様子だけど」

と驚いた様子だ。

置物だと伝えると、「置物だという先入観がなければミミズクにみえるわねぇ」と笑っていた。地元の人でも、うっかりすると本物と勘違いしてしまうらしい。それだけ精巧だということだ。

ちなみに、Googleマップのストリートビューには、過去の撮影写真が見られる機能がある。ためしに2013年9月撮影写真を覗いてみると、この時からミミズクの置物は鎮座していた。

画質は粗いが、同じ位置に置物があることは分かる(C)Google 
画質は粗いが、同じ位置に置物があることは分かる(C)Google 

取材の帰り際、ふと思い出したのは、TBS中継レポーターの「見えますか?ミミズクですよ。ジーと止まっていますよね。我々これを見つけるのにどれほど苦労したか...」という言葉だ。もし、この発言を訂正するなら、

「みなさん見えますか?ミミズクの置物ですよ。地元の人でも勘違いするくらいリアルなんです。そしてこれ、5年以上前からあの場所に鎮座しているんです」

になるだろうか。そんなことを考えながら、帰路についた記者だった。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Jタウンチャンネル
バイク買取販売店「バイクパッション」
ひろしまサンドボックスチャンネル
注目情報
20190326jtown3.jpg

ここでしか手に入らない限定グッズを見逃すな

20190313touden2.jpg

クイーンズ伊勢丹のバイヤーに聞く「福島牛」の現在とは

20190222koshiduka_a.jpg

駅内の人気店も待望の復活。一風変わったスタバも出店します。

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ