名古屋では「レジ袋=指定ごみ袋」 他県民「羨ましい」の大合唱、市の狙いは?

2018年12月 4日 11:00

あくまでお店側のサービス

対応してくれたのは、名古屋市の俵幸司さん。俵さんによると、名古屋市内のお店で市指定のごみ袋がレジ袋として使われているのは、「名古屋市が何かお願いをしているわけではない」のだという。

そもそも、名古屋市内でゴミを出すときは、市指定のゴミ袋で出さなくてはならない決まりがある。通常、市民は指定ゴミ袋を購入しているのだ。そこへきて、スーパーなどで買い物をしたとき、サービスとしてレジで指定ゴミ袋が手に入るとなれば「便利」「ありがたい」となるわけだ。

一部には「見た目がちょっと...」「家族が多いと10リットルサイズは使わない」という意見もあるが、こういったお店のサービスは、レジ袋の削減やゴミ出しマナー改善などに影響しているのだろうか。

「ごみ出しマナー改善などへの影響については、名古屋市としては判断しかねます」(俵さん)

俵さんは、名古屋では、ごみとして出されたレジ袋のうち、使われずにそのまま捨てられているものが約4割もあったとし、無料だと余分にもらってしまう傾向にあると言う。

「レジ袋など使い捨てプラスチックをできるだけ使用せず環境に貢献しようというのは世界的な動きです。1枚でも減らしていけるよう、今後も啓発していきたいと思います」(俵さん)

なお、名古屋市ではレジ袋有料化を実施後、18年3月までに推計で27億4284万枚のレジ袋削減効果があった。年間2~3億枚のペースで減っている計算になる。

名古屋ではレジ袋が減りつつある。画像は名古屋市提供
名古屋ではレジ袋が減りつつある。画像は名古屋市提供

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ