胆振中東部で震度6強 全道運転見合わせのJR北海道、公式サイトは「停電のため、更新もできない状況です」

2018年9月 6日 10:24

2018年9月6日3時8分ごろ、北海道の胆振地方中東部で最大震度6強を記録する地震が発生した。朝を迎えて、徐々に被害状況が明らかになるなか、JR北海道の公式サイトに注目が集まっている。

JR北海道公式サイトのスクリーンショット
JR北海道公式サイトのスクリーンショット

サイトには6日10時現在で、

「地震に伴う停電の影響により、当面の間、全道で運転を見合わせています。停電のため、ホームページの更新もできない状況です」

とのみ書かれており、ツイッターでは「最後の1行に無力感がにじむ」、「物凄い緊急モードになってる...」、「シンプルに危機感が伝わって来る」といった声が出ている。

北海道総務部危機対策局危機対策課が発表した、6日9時現在の「胆振地方中東部の地震による被害状況等(第2報)」によると、道内の295万戸が停電している。この「被害状況」によると、地震の規模はマグニチュード6.7、震源の深さは37キロと推定されている。

各地の震度は、6強が胆振(中東部)、6弱が石狩(南部)、5弱が石狩(北部)、渡島(東部)、胆振(西部)、4が渡島(北部)、檜山、後志(北部・東部)、空知(北部・中部)、上川(北部・中部・南部)、留萌(南部)、日高(西部・東部)、十勝(北部・中部・南部)、釧路(中南部)となっている。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ