柴犬は軟体動物だった!?

2018年8月22日 21:30

投稿者のペットが散歩のときに、体にある変化(?)が生まれた――こんなツイートが2018年8月12日に投稿され、話題になっている。

ではここで、実際どんな変化だったのか、見てみよう。

これは、投稿者が飼う柴犬のテツくんが、散歩を拒否する際にみせる、体が変化してしまった状態(?)を撮影したものだ。画像を見れば分かる通り、テツくんは、拒否をする際、全身の力を抜いてフニャフニャになり、動く気もなくなってしまっているようだ。飼い主が言うように、その姿はまるで軟体動物で、表情も体も全てが愛らしく、見ているだけで癒やされてしまう。これには「笑える~かわいぃな」「可愛すぎる」など、その魅力にとりつかれてしまう人が続出している。

このツイートには、こんな反響が。

このかわいさは反則です!ズルいですよ~w 動かなくても許しちゃいますね(笑)(ライター:a rainbow)


アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ