「新快速に有料座席検討」 報道の真偽をJR西日本に聞いてみると...

2018年6月 7日 08:00

「まだ検討段階」

画像はイメージ(as365n2さん撮影、Flickrより)
優先座席 Priority Seat

各メディアの報道によると、新快速区間での有料座席を導入することを検討し始めた、とある。具体的な導入区間については明記されていないが、現在のJR西日本の新快速は福井県南部から兵庫県西部まで走行する電車、だとしている。また、時期については23年前後を予定している、と報じられている。

真偽を確認すべく、Jタウンネットが6月6日、同社に聞くと、「有料座席を設置するかどうかも含めて、まだ時期や区間などは決まっておらず、検討を始めたばかりです」とのことだった。

有料座席の話が出たのは、「今年度から始まった『5か年計画』のなかで、お客様のニーズに応じて車両の導入を進める、という項目があります。報道で23年前後、としているのはそのためだと思います」としたうえで、「有料座席については、サービス向上に向けて取り組んでいく中で、お客様から『お金を払ってでも座りたい』といったサービスがあれば検討してまいります」と話した。

ツイッターでは、有料座席のことが報じられると、

などの反応が上がっている。

「鉄道ネタ」の最新記事

2018/12/16 17:00

山手線の新駅名が「高輪ゲートウェイ」と発表された衝撃は、あまりにも大きかった。 まさかと思っていた案がなぜか浮上し、並み居る有力候補を蹴散らして、トップ...

2018/12/12 15:00

もうすぐ年末年始の帰省シーズン。移動のため、新幹線を利用する人も多いのではないだろうか。...

2018/12/6 11:00

2018年12月4日に発表された山手線新駅の駅名「高輪ゲートウェイ」。多くの人が「高輪」「芝浦」などを予想していた中でのカタカナ入りの駅名は、賛否含めてか...

東京都 最新記事
2018/12/16

常設展示室考古部門エリア内のコレクション展示。前場幸治コレクションのなかから「奈良時代の瓦」を公開しています。※12/26~1/7は休館日です。※小規模展...

2018/12/16

2018年は、日本の元号が「明治」と改められて満150年の節目の年にあたります。アメリカのペリーの浦賀来航、ロシアのプチャーチンの長崎来航などの後、日本は...

2018/12/15

住宅ローン専門金融機関アルヒ(東京都港区)は2018年12月12日、1都3県(東京、神奈川、埼玉、千葉)で選ぶ「本当に住みやすい街ランキング」を発表し、栄...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Jタウンチャンネル
ひろしまサンドボックスチャンネル
バイク買取販売店「バイクパッション」
注目情報
釣り

回転で流れて来た握りは...

お墓

自分らしい終の棲家を探す

釣り

日本中の「釣り初心者」に教えたい!

墓じまい

ブームの「終活」について前向きに考えてみる。

小倉城

食の魅力もいっぱい!市政55年を迎えた北九州市を紹介

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ