「湘南カラー?」「お茶の葉とみかん?」 天浜線の新ラッピング車両に鉄道ファンざわつく

2018年5月15日 20:00
オレンジ色と緑色のラッピング車両(画像提供:天竜浜名湖鉄道)
オレンジ色と緑色のラッピング車両(画像提供:天竜浜名湖鉄道)

2018年5月15日、「天浜線(てんはません)」と呼ばれている天竜浜名湖鉄道に「湘南色」の車両が走ると、地元の静岡新聞や中日新聞で報じられ、話題となっている。

天竜浜名湖鉄道は、静岡県掛川市の掛川駅から、浜松市天竜区の天竜二俣駅を経て、湖西市の新所原駅に至る鉄道だ。NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」に合わせて走らせた「直虎号」に代わって、5月16日から、新フルラッピング車両が運行を開始する。

そのデザインが、濃いオレンジ色と緑色のツートンカラー、つまり旧国鉄時代から半世紀以上にわたり全国の列車で採用され親しまれていた、あの車体の色だ。

「湘南色」復活か!? このニュースはまたたくまに鉄道ファンの間に広がり、ツイッターにはさまざまな声が寄せられている。

東京都 最新記事
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
errno:2, errstr:mysqli::mysqli(): (HY000/2002): Connection refused, errfile:/opt/town/www/include/jtown_data.php, errline:470
注目情報

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

20190222koshiduka_a.jpg

老舗精肉店が挑む「福島牛」にかける挑戦

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ