震災の教訓を次世代へ...福島と港区つなぐNPOの「未来塾」3年目開催

2018年3月23日 11:10
提供元:Social Net Project MOVE

六本木ヒルズアリーナ(東京都港区)で2018年3月21日、食に関するイベント「うまいぜ!ふくしま!肉まつり」が開催された。

これに合わせて、会場ではNPO法人「Social Net Project MOVE」(港区)による、「ふくしまみなと未来塾 in 肉まつり ~おいしいふくしまを体験しよう!~」も行われた。五感で福島の食や文化を楽しみつつ、震災から7年を迎えた福島県に住む人々の声を聞くイベントだ。

悪天候の中、会場はにぎわった
悪天候の中、会場はにぎわった

先着50人に福島牛カツサンドが

六本木ヒルズのある港区は、福島県いわき市と災害時相互協力協定を結ぶほか、福島県柳津町とは、お台場15周年花火の打ち上げに携わった花火師との繋がりから交流が行われるなど、福島県とのつながりが深い。

今回の「うまいぜ!ふくしま!肉まつり」では、福島県内と都内から参加する17の店舗が、福島牛・麓山高原豚・うつくしまエゴマ豚・会津地鶏・川俣シャモ・伊達鶏といった、福島県のブランド肉料理を提供。特別ゲストにはグルメレポーターの彦摩呂さんを迎え、トークショーなどが行われた。

そして、「ふくしまみなと未来塾」は、東日本大震災などの被害を受けた福島県の「いま」を港区および首都圏の住民が理解し、震災の教訓を次の世代へ伝えることを目的とした地域間交流事業にあたる。18年で3年目を迎え、これまでのべ1000人以上が参加してきた。

今回は、これまでの交流活動に参加してきた児童生徒らの体験発表会とともに、3年間を振り返る写真展「ふくしまみなと未来塾活動写真展」や、会津の伝統工芸「会津木綿」をつかった、クマのバッジ づくりワークショップが行われた。写真展の受付では、先着50人に福島牛のカツサンドが無料提供され、会津の郷土玩具「赤べこ」のグッズもプレゼントされるなど、盛り上がりをみせていた。

「PR」の最新記事

2018/10/5 11:30

2018年10月20日から21日、東京都千代田区のアーツ千代田3331で、北九州市へのU・Iターンをアピールするイベント「KitaQフェスinTOKYO ...

2018/8/31 16:00

今年30歳を迎えたJタウンネットK編集長。東京で生まれ育ち、小中高大、そして今の職場に至るまで、生活のほとんどを都内で過ごしてきた。いまも実家から編集部ま...

東京都 最新記事
2018/10/15

2018年10月に投稿されたあるツイートがきっかけで、「タンメン」の話題が盛り上がっている。「『お前に食わすタンメンはねぇっ!』ってギャグは知ってるけど、...

2018/10/15

投稿者のペットの額に、とんでもないミラクル(?)が起こり、爆笑を集めている、こんなツイートが2018年10月4日に投稿され、話題になっている。ではここで、...

2018/10/14

投稿者のペットのありえない姿(?)が「可愛すぎる!」と人気を集めている、こんなツイートが2018年9月29日に投稿され、話題になっている。ではここで、実際...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
KitaQ
KitaQ
北九州市

北九州市で「我が家」に移住してみた

小倉城

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ