台風にはかなわんぜよ? 高知駅前の龍馬像、7度目の「脱藩」から復帰

2017年9月20日 11:00

高知市内にあるJR高知駅前の坂本龍馬像などが、台風18号の接近で一時的に撤去され、「脱藩した」などとツイッター上で話題になっている。

龍馬のほか、武市半平太、中岡慎太郎と、幕末の志士3人の像が横倒しのまま、トラックの荷台に乗っているツイートも出回っている。

発泡スチロール製などで、600万円かけて6年前に設置

JR高知駅前の広場にある3志士像
JR高知駅前の広場にある3志士像

台風が四国にも接近した2017年9月16日、こんな様子などがテレビ映像で流れたほか、ツイッター上に写真も投稿された。

土佐勤王党3志士像は、台風に備えてこの日朝に撤去作業が行われ、クレーン車を使って次々に運び出された。3志士像は、発泡スチロールやウレタン製で、高さが約5メートル、重さは400キロにもなる。撤去された後は、像を支えていた鉄の芯棒だけが残り、その写真もツイッターに投稿されている。

像を管理する高知県観光コンベンション協会に9月19日、Jタウンネットが話を聞いたところ、台風で避難させるのは、今回が7度目になる。台風からの吹き返しはもうないと判断して、18日朝には高知駅前に再設置した。

3志士像は、「志国高知 龍馬ふるさと博」の企画として、2011年7月に約600万円をかけて設置されたが、当初から台風時などを懸念する声が出ていた。除幕から9日目には、台風の接近で一時撤去を余儀なくされ、その後も、毎年のようにこの措置が繰り返された。

避難費用約60万円かかるも、「お金に代えられない」

撤去から再設置まで約60万円がかかることから、単純計算でこれまでに420万円の費用が発生したことになる。こうした費用には、県からの補助金が充てられている。

県観光コンベンション協会の担当者は、次のように取材に説明した。

「お金に代えられないところもあるんですよ。刀など弱い部分が折れたりして、通行人や車に当たったりすると、60万円では済みません。また、突風で物が飛んできて、像が壊れてしまうこともありえます。経費を圧迫しているとは、一概には言えないと思っています」

一時撤去のたびに、ニュースなどで取り上げられ、「脱藩した」などとネット上でも話題になる。このことから、協会では、3志士像の宣伝にも一定の効果があるのではないかとみている。

3志士像は、早くも色があせて、白っぽく変色していると報じられていたが、3月からの「志国高知 幕末維新博」を前にお色直しのメンテナンスも行われた。現在は、きれいな深緑色になっているそうだ。

「地元の反応」の最新記事

2018/10/23 11:00

広島電鉄は、長年親しまれてきた「レトロ電車」の定期運行を、2018年10月1日以降、取りやめた。対象の電車は、100形「大正形電車」と200形「ハノー...

2018/10/22 11:00

清江地域のポスター(住之江区まちづくりセンター・ホームページより) 大阪市の住之江区と聞いても、「うん、どこ?」と首をか...

2018/10/19 20:00

(C)安藤正基/一迅社 「アメ横」といえば、ほとんどの人は東京・上野のアメヤ横丁を思い浮かべるはず。...

東京都 最新記事
2018/10/23

突然だが、読者の皆様は普段から「駅そば」を利用しているだろうか。駅構内にある利便性から、毎日利用している人も少なくないかもしれない。 ウェブメディア「乗り...

2018/10/23

戦前・戦中・戦後から現在に至るさまざまなトレーラーと牽引車の開発と発展の歩みを、写真映像、模型、各種資料により紹介します。11月17日(土)、12月9日(...

2018/10/23

今から30年前の秋の「パリーグの一番長い日」と語り継がれる戦いを皆さんはご存じだろうか。1988年10月19日――。神奈川・川崎球場で行われたロッテオリオ...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
KitaQ
北九州市

北九州市で「我が家」に移住してみた

小倉城

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ