電車広告でもおなじみ、深見東州さんが東京ヴェルディのスポンサーに就任

2017年1月11日 21:00

東京都をホームとするサッカーチーム「東京ヴェルディ」が2017年1月10日、半田晴久さんが代表を務める国際スポーツ振興協会(ISPS)とコーポレートパートナー契約を締結したことを公式サイトで発表した。

東京ヴェルディ(yoppyさん撮影、Flickrより)
Tokyo Derby (2008-04-12)

半田晴久さん=深見東州さん

半田さんは「深見東州」の別名でも知られ、スピリチュアル研究家、事業家、教育者、福祉家、芸術家など多方面で活躍している。電車広告で見かけたことのある人も多いのではないか。

ISPSは「スポーツの振興、社会福祉の支援及び国際親善に寄与することを目的」に活動しており、ゴルフをはじめとする様々なスポーツの大会支援やブラインドゴルフの普及などに取り組んでいる。

半田さんはコーポレートパートナー契約について、

「ISPSと言えば、ゴルフやボーリングアーチェリーのスポンサーで知られています。
それらは、スポーツの力で社会をより良くする試みです。
しかし、世界の人々が、どんなに貧しくても楽しめるものではありません。
その点、サッカーは偉大です。国境を越える、世界のメジャースポーツです。
今年から歴史と伝統ある東京ヴェルディを支援することになり、スポーツの力で社会をより良くする試みを深めます。
さらに、サッカーを通してニュージーランドとの交流を図ります。いずれも、心ときめくエキサイティングな事ばかりです。
今年は酉年ですが、ヴェルディ君の翔く年であって欲しいです」(原文ママ)

と、ヴェルディ公式サイトでコメントしている。

契約にあたり、ヴェルディのユニフォームの胸部分には赤い字で「ISPS HANDA」のロゴがプリントされる。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ