神社初!? 「御朱印AR」スマホをかざすと神様が映る...福岡・紅葉八幡宮

2017年1月12日 11:00

昨今、寺社の御朱印収集がブームになっているが、福岡県の紅葉八幡宮の「御朱印AR」が斬新だと注目を集めている。御朱印とAR(拡張現実)を掛け合わせたスマホアプリで、カメラをかざすと画面の中に神様が登場する。

「紅葉八幡宮 御朱印AR」に登場する宮司様(画像使用許諾:紅葉八幡宮)
「御朱印AR」に登場する宮司様のスクリーンショット(画像使用許諾:紅葉八幡宮)

神社界初の試みと思われるこのアプリ、どのように生まれたのだろう。Jタウンネット編集部は2017年1月10日、紅葉八幡宮の宮司様に話を聞いた。

スマホの中に神様が登場!

「御朱印AR」は紅葉八幡宮の西新遷座350年目の記念事業として、2016年11月27日の「もみじ祭」から公開している。

「(紅葉八幡宮の)ホームページを作ってくれている方と話をしているときに、御朱印を受ける人が多いことが話題になりまして。御朱印めぐりをするだけでなく、神社のことを知ってもらいたいという思いからARで興味を持ってもらうことを思い付きました」

アプリを起動すると、厳かな音楽と共に紅葉が舞う。御朱印にカメラをかざすと「祓戸大神(はらえどのおおかみ)」という宮司様の肉声が響いて神様が呼び出される。神様をタッチするとアクションを見ることができるほか、ご祭神の話を読むことができる。

「デザインしていただいた神様を、ああでもないこうでもないと言いながら作り上げました」

制作には約半年かかったという。ちなみにアプリに登場する宮司様も「だいたい私」だそうだ。

お宮には「御朱印をお求めになる人も多く、ARを知って来てくださる人もいらっしゃる」とのことで、御朱印初穂料は300円、オリジナルの御朱印帳は御朱印初穂料含め1300円。アプリは公式ホームページから無料でダウンロードすることができる。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ