増える「アニメで町おこし」に応えて...異色の特化型制作会社「自治体アニメ株式会社」に聞く

2016年6月 4日 11:00

埼玉県を拠点とする「自治体アニメ株式会社」は、地方自治体からの依頼をメインに扱うアニメ製作会社だ。2016年5月26日には、同社が手掛けた「ぐんま縁結びネットワーク」のPRアニメ「婚活スイッチ」が公開された。アニメ会社は数多くあるが、「自治体」向けに特化しているのは珍しい。一体どのような会社なのか、社長の石川直哉さんに取材を行った。

予算を抑えて使いやすい料金に

画像は自治体アニメ株式会社のホームページから
画像は自治体アニメ株式会社のホームページから

「婚活スイッチ」は、東京から群馬へ引っ越してきた主人公が婚活を始め、様々なアドバイスを通じながら結婚相手を探す、というストーリーだ。主人公に対して世話人が、男性に求める条件を緩めるように、と諭すなど、リアリティのある内容で話題になっている。

それを製作した自治体アニメ株式会社は、フリーランスのアニメ作家だった石川さんによって2015年9月に設立された。石川さんは、柳田國男の「遠野物語」を語り継ぐ少女をテーマにした岩手県遠野市のPRアニメ「語りべ少女ほのか」や、新潟県三条市の金属製品メーカー、マルダイのPRアニメ「すのこタン。PVアニメ」などを会社設立前に製作している。

会社設立のきっかけについて、

「個人でアニメ作家をやっているときに、地方の自治体からも依頼を頂くことがありました。それならそういった依頼に特化した会社を作ってみよう、ということで始めました」

と語った。

また、少人数で製作することで、低い予算でも十分な内容の動画を作ることが出来ると語った。

「現在、社員は私1人ですが、共同製作者が他に4名ほどいます。納期に合わせて内容を考えたりして、とにかく完成させることを意識しています。群馬県の婚活PRの動画は取材や打ち合わせに2か月、製作に2か月から3か月ほど費やして製作しました」

公式サイトによると、一般的なアニメの製作費は1話(22分)でおよそ1500万円。しかし、自治体アニメ株式会社なら1分あたり40万円、22分で880万円ほどの費用で製作できるという。依頼主の要望の聞き取りから作画、納品までを一貫してこなすことで、費用を抑えている。

社名に「自治体」と掲げてはいるが、利用できる層は多様だ。

「もちろん、自治体以外の方も利用できます。例えば企業や個人でも、限られた予算内でアニメーションを作りたい、という方全般に向けています」
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Jタウンチャンネル
バイク買取販売店「バイクパッション」
ひろしまサンドボックスチャンネル
注目情報
小倉城

食の魅力もいっぱい!市政55年を迎えた北九州市を紹介

20190313touden1.jpg
20190222koshiduka_b.jpg

駅が約100年前の姿を取り戻した! 今こそ遊びに行こう。

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ