「さわやかな気持ちになりました」...カメを電車から救った水族館が出した、ちょっと素敵なプレスリリース

2015年11月25日 17:00
ポイントに挟まったカメ(須磨海浜水族園ウェブサイトより)
ポイントに挟まったカメ(須磨海浜水族園ウェブサイトより)

JR西日本の和歌山線では、毎年春から夏にかけて、列車がたびたびストップするというトラブルが発生していた。その原因を調べてみて、驚いた。なんと野生のカメが線路のポイント(分岐器)に挟まっていたのだという。

JR西日本から相談を受け、神戸市立須磨海浜水族園が調査に入ることになった。野生のカメの活動期は5月から8月。陸上を歩くカメが踏切を渡るとき、事故は起きるようだ。

2本のレールの間に落ちたカメが、レールに沿って進むうちに、やがてポイントにたどりつく。そして、ポイントの可動部の隙間に入り込む。ポイントが切り替わると、カメは挟まってしまう。そのため信号は変わらなくなり、列車はストップする、というわけだ。

さて、この問題をどう解決するか。「須磨水」のスタッフが知恵を絞って出した妙案とは、何だったのだろう?

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ