「スカートに虫が...」善意の声掛け装う不審人物にご注意を【事案ウォッチ】

2015年11月 3日 17:00

ちょっとした善意ですら、事案になる時代

2015年10月13日、22時ごろ。西宮市里中町2丁目8番付近の路上で、不審者事案が発生した。

成人女性が徒歩で通行中に後方から男が接近してきた。男は後ろから女性を追い抜く際に「スカートに虫がついていますよ」と言った後、その場を立ち去った。男は年齢が30~40歳くらいで、作業服でビジネスバッグを所持していたという。

一見、善意からの声掛けにも思えるこの言動。

だがこうした優しい言葉で相手を油断させ、その隙に犯罪行為に及ぶという手口は、決して珍しいものではない。ひったくりやスリなどにも、こうした方法でターゲットに隙を作り、金品などを盗み取る輩が多いといわれる。今回の「虫が......」のパターンでも、「取ってあげる」と手を伸ばし、身体に触れるという被害が出ているという情報もある。

ましてや時間は夜。この女性も、危険を感じたからこそ通報したわけだ。やはり「不審者」と言うべきだろう。

読者の皆さんも、「善意」を装った変質者にくれぐれもご注意いただきたい。

town20151002174613.jpg

事案ウォッチ

全国の事案情報を紐解き、ときに想像を膨らませながらご紹介。
本連載でお届けする内容が、少しでも身近な犯罪の抑止につながれば幸いだ。
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ