養父市=ようちち市!? ツイッター活用で「読めないまち」異色PR

2015年8月14日 17:14

兵庫県養父(やぶ)市は、市名の読み方が難しく、「ようふ市」や「ぎふ市」などと、よく読み間違えられる市だが、その難読地名を逆手にとった「なにかと読めないまち養父市キャンペーン」を2015年8月11日から始めている。

town210345_pho01.jpg

国家戦略特区にも選ばれた同市だが、難読ゆえに知名度は低い。まずは、キャンペーンの初っ端として、「養父市はようちち市へ――生まれ変わりません!」というインパクトある1ページ全面を使った広告を11日付の朝日新聞朝刊に掲載。ユニークなイベントを繰り出して知名度アップや魅力発信の企画をスタートさせた。

ツイッター上では、やぶ市観光協会が養父市のユニークな読み間違えを募集する「究極の読み違えコンテスト」も実施中で、早くもネット上は「珍読」を集めた大喜利の様相を見せている。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Jタウンチャンネル
あれこれ ワードスプリング
京都あやべ「ねじっとくん」チャンネル
ひろしまサンドボックスチャンネル
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ