千葉・久留里線で起こった鉄道事故が「小規模すぎる」と話題に

2015年7月14日 17:00
久留里線久留里駅に停車する旧形の気動車。写真はイメージ(: : Ys [waiz] : :さん撮影,Flickrより)
久留里線

久留里線をご存じだろうか。千葉県木更津市の木更津駅から君津市の上総亀山駅までを結ぶ、JR東日本の鉄道路線だ。同県内のJR線では唯一の非電化路線である。

この久留里線上総亀山駅-上総松丘駅間で、2015年7月11日、事故が発生した。同月13日の千葉日報によると、2両編成の木更津行き下り電車が、線路を横切った鹿1頭をはね、停車したという。乗客はいなかった。鹿は即死。上下2本が運休、乗客約2人に影響したとのこと。

この報道を受けて、ツイッターには次のようなコメントが発信され、注目を集めている。

これには下のような感想が寄せられている。

事故の原因が野生の鹿、乗客はゼロ、そして影響を被った人がわずか2人という「小規模」さに、人々の関心は集まった。とても東京都の隣りにあるとは思えない、秘境の路線のように思える。

また、こんなツイートもあった。

千葉日報の記事に、「電車」とあったことに対する突っ込みだ。一応、JR東日本のウェブサイトで確認してみると、2012年12月から「キハE130形」の新型気動車が導入されている。「長年久留里線で活躍し愛されたキハ30形・37形・38形に替わり、新しい久留里線の顔として運行しています」と解説されている。電車ではないようだ。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ