し、死んで...ない!? アヒルの寝相が物騒すぎると盛岡の動物園で話題に

2015年6月 9日 16:37
画像はイメージです(Svadilfariさん撮影、Flickrより)
Friendly Duck

岩手県盛岡市新庄の岩山の麓にある盛岡市動物公園は、1989年、市制施行100周年記念施設として開園した、盛岡市民に人気の施設だ。アフリカゾウ、キリン、ライオンをはじめ、ニホンザル、ノウサギ、キジ、イヌワシなど日本の動物など、約100種類の動物が集まっている。

同園では、園内の様子を撮影し、ツイッター公式アカウントやフェイスブックなどで発信しているが、2015年6月6日につぶやいた次のようなツイートが、爆発的な反響を呼んでいる。

コールダックと呼ばれる小型のアヒルが「倒れている」と通報があり、現場に行くと「ぐっすり眠っていた」。写真を見ると、他のアヒルはきちんと座って、首をたたむように寝ているのだが、1羽だけバッタリひっくりかえっている。「なぜこんな寝相なのでしょうか?」というコメントが付いている。

これには、下のような感想が寄せられている。

「うちのうさぎも同じように寝る」という報告もあった。

「死んでいるみたい」という声もあれば、「いい夢見てそう」という声も。

「寝てます」って看板を作ってあげたら、というアドバイスもある。

ま、それだけ居心地が良いという証拠かもしれない。

「おふとんかけてあげたい...?」という声に実感がこもっている。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ