町役場「白骨遺体が見つかりました。死後100年。心当たりの人探してます」

2015年3月25日 19:37

「行旅死亡人」という言葉をご存じだろうか。本人の氏名や住所が判明しないなどの理由で、引き取り手がいない死者のことを、こう言うらしい。その多くは遭難者だったり、自ら命を絶った人だったり、いわゆる「行き倒れ」になったひとだったり......。「行旅死亡人」は、死亡推定日時、発見された場所、所持品などを明記し、市町村長名義で官報で公告される。ところがそんな「行旅死亡人」に、少し毛色の変わった方がいた。

「本籍・住所・氏名・年齢不詳の男性、所持金品は六文銭、陶器片 上記の者は、平成26年12月11日の午前10時15分頃、高根沢町大字宝積寺内の造成工事現場から白骨化した遺体で発見されました。死後100年以上経過したと推定されます。 身元不明のため、遺体は火葬に付し、遺骨は保管してあります。心当たりの方は、当町健康福祉課まで申し出てください」

この官報は、2015年3月19日、栃木県塩谷郡高根沢町長名義で出されたもの。「本籍・住所・氏名・年齢不詳の男性」で、所持品は六文銭と陶器片だけだったという。白骨化した遺体で発見され、死後100年以上経過したと推定される、と記されている。

死後100年以上と推定されるということは、大正初期、あるいは明治時代の遺体ということになる。官報には、「心あたりの方は、当町健康福祉課まで申し出てください」とあるが、心あたりの人がはたしてどれだけ生存しているのか、いささか心配だ。

年代の古い遺体の場合、市町村によっては、死亡推定日時を「戦国時代から明治時代初期」などとする場合もあるらしい。戦国時代の遺体を官報で知らされても、心あたりの人はいるのだろうか。

上記のツイートには、次のようなコメントが寄せられている。

明治・大正期には、三途の川の渡し賃として、死者に六文銭だけを持たせ、土葬も一般的に行われていたようだ。土葬され、白骨化した遺体を、「改めて火葬するケースもある」というコメントもあった。

「行旅死亡人」が官報に掲載されているなんて、皆さん、知ってた? 筆者も初めて知った。インターネット版『官報』も閲覧できるという。たまには読んでみるか......。

東京都 最新記事
2019/1/19

小麦粉の生地の中に餡(あん)を入れ、円柱のような形にこんがり焼いた「アレ」。すぐピンと来ない人は、下の写真を見て欲しい。これだ。 今川焼き、大判焼き、回転...

2019/1/19

終戦後に約57万5千人が体験したシベリア抑留。今回の企画展では、抑留体験者が絵画に描いたコトやモノを、関連する資料と交差させながら10のキーワードで紹介し...

2019/1/19

東京藝術大学は、その前身である東京美術学校開校に先だって、様々な芸術資料を収集してきました。そこには、東京美術学校および東京藝術大学の歴代在学生・卒業生た...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
saga5_80x80.png

海の中に立つ鳥居。これが満潮になると...

釣り

回転で流れて来た握りは...

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ