あ、意外と...? 秋田の漬物がポテトチップスになった「いぶりがっこ味」を食べてみた

2015年3月10日 20:10

一口にポテトチップスといっても、いろいろある。コンビニやスーパーの棚を覗くと、今や種類の多さに驚くばかりだ。和風味、洋風味と、それぞれにさまざまなバリエーションが存在するらしい。

ここのところ目立つのが、地域の味というカテゴリー。同じしょうゆでも、関東と関西と九州ではそれぞれ違う。その地域の調味料を取り入れることで、特色のあるポテトチップスが続々と生まれているらしい。

そんな中、スナック菓子大手のカルビーから、2015年3月9日、「秋田ポテトチップス いぶりがっこ味」が発売されるという噂を聞いた。当日、近所のコンビニを何軒か回ったが、見つからなかった。そこで本日10日、スーパーを回って、ついに発見。早速、購入した。

カルビー「秋田ポテトチップス いぶりがっこ味」(写真はいずれも編集部撮影)
カルビー「秋田ポテトチップス いぶりがっこ味」(写真はいずれも編集部撮影)

いぶりがっこは秋田県の内陸部で生産される、伝統的な大根の漬物。雪深い地域では、漬物にする大根を囲炉裏の上に吊るして、煙でいぶす。スモークされた大根は、表面は茶色に変色し、中身も独特の香りと味になる。がっこは秋田で漬物のこと。いぶした漬物が「いぶりがっこ」というわけだ。

いぶりがっこをポリポリかじりながら、秋田の地酒を飲むのは最高だ。だが、ポテトチップスのいぶりがっこ味とはいったいどんな具合になるのか......。

パッケージには、秋田の竿灯祭りのイラストが描かれ、その下に分厚く切られ、皿に盛り付けられたいぶりがっこの写真がデザインされている。「独特の燻製の香りと風味が広がる『いぶりがっこ』の味わい」というコピーが入っている。「秋田県に伝わる素朴な味わいを再現」というコピーもある。

よし、と思いきりパッケージを開けてみた。

パッケージの中を覗くと、いぶりがっこの香りが......
パッケージの中を覗くと、いぶりがっこの香りが......

思わずプーンと香ったのは、確かにあのスモーキーないぶりがっこの香りだ。パッケージの中に鼻を近づけてみた。間違いない、と思った。

では、1枚食べてみた。なるほど、がっこの風味を感じる。が、それほど主張は強くない。とはいえ、あの味がそのままフルにポテトチップスになると、さすがに違和感が勝ちそうだ。

ポテトチップスはおいしいのだが......
ポテトチップスはおいしいのだが......

感想だが、和風ポテトチップスとして、なかなかおいしく食べることができる。
ただ、ポリポリ食べているうちに、いぶりがっこの風味にいささか舌が慣れてしまった。おいしいことはおいしいが、普通のポテトチップスっぽいというか......。パッケージを開け、最初の数枚を食べたときのインパクトが、ずっと続いてくれれば大満足だったのだが。

よし、今度は、日本酒を飲みながら試してみよう。ひそかにそう思ったのだが、何か(これを聞いた編集部の同僚は、ちょっと首をかしげていた)。

ちなみに同商品は、東北と関東、甲信越地区のスーパーで限定販売である。4月上旬ごろまで。想定価格120円前後。

東京都 最新記事
2018/11/21

洗い物が嫌いで、調理に使ったフライパンや鍋をそのまま使ってしまう――。そんな「ズボラ」な人は案外多いかもしれない。 筆者もその一人。特に一人暮らしをしてい...

2018/11/21

日本書道美術館は、1973(昭和48)年11月4日、東京常盤台の閑静な住宅街に、「博物館法」に基づいたわが国初の「書道」を専門とする美術館として開館しまし...

2018/11/21

赤いドレスとタマネギ型のおだんご頭がトレードマークの「リトルミイ」は数々のムーミン作品に登場し、ムーミンを語るには欠かせない存在です。小さいけれど、勇敢で...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
墓じまい

ブームの「終活」について前向きに考えてみる。

小倉城

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ