で、でかい!!!4.5メートルの「巨大イノシシ」が今治に出現中

2014年10月24日 14:54

愛媛県今治市玉川町の県道沿いに登場した巨大イノシシが話題となっている。これは武蔵野美術大学の宮島慎吾教授と地域住民の協力による稲わらアート作品。イノシシは親と2頭の子どもの計3頭で、親イノシシは高さ4・5メートル、長さ8メートルという巨大さだ。角材と竹で骨格と体をつくり、周囲に地元の稲わらを編み込んでいる。2014年11月下旬まで設置される予定。

稲わら。写真はイメージです。
稲わら。写真はイメージです。
東京都 最新記事
2019/1/18

ある日突然訪れる大切な人との別れ。そして訪れる葬儀。信仰の違いなどはあるが、日本で死者を送り出すとき、けっこうな確率であるのが焼香だ。 この焼香をめぐって...

2019/1/18

コーラ飲料の2大ブランドといえば、「コカ・コーラ」と「ペプシ」。味は微妙に違っていて、その好みは大きく分かれるはずだ。なかには、コカ・コーラしか飲まない、...

2019/1/17

昭和24年の発隊から今日まで、東京の安全と安心を目指す東京消防庁のPRを行って70年を迎える音楽隊の歴史を紹介します。イベント詳細ページへ会期2019年2...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
saga4_80x80.jpg

○○の後は有明海を臨む露天風呂でほっこり

釣り

回転で流れて来た握りは...

小倉城

食の魅力もいっぱい!市政55年を迎えた北九州市を紹介

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ