まるごと神保町 | としょかんのこしょてんVOL.100図書館からはじまる“ぶらり旅”

2019/3/2

神保町の古書店や古書店主のおすすめ本(全44店舗)をはじめ、神保町のグルメや歴史、大学生による神保町活性化計画などをパネルで展示し、館内全体で神保町の魅力...

吉田謙吉と12坪の家 | ―劇的空間の秘密―

2019/3/2

舞台美術を中心に考現学採集、装幀、文筆業など多彩なジャンルで活躍した吉田謙吉(1897-1982)は、戦後、自らの設計で12坪の家をつくります。小さいなが...

企画展「世界の信託あれこれ」

2019/3/2

自然保護のため、街並みや運河の保存・管理のため、世界各地でさまざまな形で利用されている信託を、ジオラマや大型タッチパネルモニターで展示しています。(実は、...

大学院修士課程日本画コース2年次作品展 | 平成30年度武蔵野美術大学

2019/3/2

この度、平成30年度に武蔵野美術大学大学院修士課程日本画コースを修了する14名による展示を開催いたします。本展示では大学院での2年間の集大成となる修了制作...

大阪と相撲

2019/3/2

大相撲三月場所は大阪に春を告げる風物詩としてよく知られています。現在のような3月の本場所が開始されたのは昭和28年(1953)ですが、大阪と相撲には長い歴...

誕生80周年トムとジェリー展カートゥーンの天才コンビハンナ=バーベラ

2019/3/2

1940年、ウィリアム・ハンナとジョセフ・バーベラの2人組が短編作品として、世に送り出した「トムとジェリー」。ネコとネズミのドタバタ劇は瞬く間に人気を博し...

カミワザ!―驚異の立体切り絵展―

2019/3/2

驚異の技術による美しさ。一枚の紙から生まれる奇跡。立体切り絵SouMaの世界。切り絵とは描線を紙から切り抜いて作られた絵。その切り絵の世界の概念を大きく超...

櫛野展正のアウトサイド・ジャパン展

2019/3/2

「アウトサイダー・アート」とは、一般的には美術の教育を受けていない人々の創作のことを指し、2010年にパリで開催され12万人を動員した「アール・ブリュット...

第7回郷さくら美術館桜花賞展

2019/3/2

「郷さくら美術館桜花賞展」は、「桜」を描いた現代日本画を多くの方々にご覧頂き、日本画の素晴らしさを再発見してもらうことを目的とした展覧会です。今回もこれか...

第64回重要刀剣等新指定展

2019/3/2

(公財)日本美術刀剣保存協会の審査事業は、日本刀の調査保存を目的に、昭和二十三年より行われ、現在では真偽鑑定を主目的とする基本の保存審査を第一義とし、より...

尾形光琳の燕子花屏風

2019/3/2

尾形光琳(1658-1716)の筆になる国宝「燕子花図屏風」は、爛漫と咲き誇るカキツバタの群生を描いた草花図です。しかしそれは、『伊勢物語』の一節、三河国...

詩と伝説の国―イランの子どもの本

2019/3/2

2019年は日本・イラン外交関係樹立90周年にあたります。これを記念して、イランの子どもの本を紹介する展示会を開催します。この展示会では、イランの子どもの...

高島屋美術部創設110年記念安田育代展

2019/3/2

安田先生は1949年大阪府に生まれました。中学時代、菱田春草の「落葉」を観て日本画家を志すと心に誓う先生は、のちにイタリアで中世の聖母子像に出合い魅了され...

記録映像上映会 「経済成長と水道水」

2019/3/2

東京都水道歴史館では、東京都水道局による企画・製作等の映像資料を多数収蔵しています。今回は「経済成長と水道水」をテーマに、昭和20年代・30年代の映像資料...

六古窯―〈和〉のやきもの

2019/3/2

素朴ながらも豪快で力強さを備える中世のやきもの。中世から現代にまでつづく瀬戸、常滑、越前、信楽、丹波、備前のやきものは六古窯(ろくこよう)と称され、日本的...

移ろう季節を感じて―所蔵作品より―

2019/3/2

世界中に四季のある国は数多く存在しますが、中でも四季の変化が明確な日本では、季節の移ろいを敏感に感じ、描かれた花や景色から季節を読み取り、その情趣を楽しん...

志賀理江子 ヒューマン・スプリング

2019/3/2

2006年、作家は展覧会参加のため初めて東北を訪れました。その後2008年から宮城県に移住し、土地に暮らす人々と出会いながら作品を制作する生活のなかで、長...

写真の起源 英国

2019/3/2

日本における写真文化のセンター的役割を担う東京都写真美術館では、毎春、初期写真に焦点を当てる展示を行っており、2019年は「写真の起源英国」展を開催します...

池田龍雄展 | —場の位相—

2019/3/2

池田龍雄は特攻隊の生き残りとして戦後一貫してそのあまりにも理不尽な経験を背景に黙々と制作活動を今日まで続けている。声高に反戦は訴えないものの作家活動がすべ...

つむぐ~養蚕機織図屏風と古九谷様式~

2019/3/2

蚕を育て、繭から生糸を紡ぎ、機を織る様子が描かれている《養蚕機織図屏風》を展示します。本屏風は狩野派の2代目・狩野元信(かのうもとのぶ)の筆と伝えられてい...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
小倉城

食の魅力もいっぱい!市政55年を迎えた北九州市を紹介

20190313touden1.jpg
20190222koshiduka_b.jpg

駅が約100年前の姿を取り戻した! 今こそ遊びに行こう。

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ