「ウチの敷地が、野球少年たちの練習場に。ここはグラウンドじゃない!注意しても効果はなく...」(都道府県・年齢不明)

2019年2月21日 11:00

グラウンドでするような大声で声出し

わたしの自宅は小さな戸建が並ぶ住宅地にあり、我が家はその中でも10軒ほど並ぶ路地の行き止まり1番奥に建っています。

その路地に入る角の家に野球少年がいるのですが、キャッチボールから始まり、バトミントンの羽を使ったバッティング練習、その路地をひたすら往復する走り込みをします。

お友達も来て練習をするのですが、中学生ともなると体も大きく、声も大きく、グラウンドでするような大声で声出しをしています。夏には22時くらいまで続け、そのマナーの悪さは凄まじいものです。

キャッチボールでは他人の車にぶつけ、ヘタクソなため他人の敷地に入る事も日常茶飯事。洗濯物を干そうと玄関を出ると、すぐ目の前に居た時にはビックリして大声出そうになりました。それに対して挨拶もありません。

車の凹みもあり、キャッチボールだけはやめてほしいとお願いしましたが、止む気配はありません。ご両親も私達よりも歳上の40代後半の方ですが、注意をするどころか休みになるとキャッチボールに加わります。

それどころか、その路地の敷地は自分の家の土地と子供に教えているようです。本当は我が家の私有地ですが、争いごとの嫌いな主人は「ことを荒立てず、我慢を」と言います。しかし、このままでは私はキレてしまいそうです。住宅地の空き家も彼らの野球練習のせいで全く売れず、不動産屋さんも困っているようです。

なにせバッティング練習等で車の出入りが自由にできませんからね。子供の遊び場がない昨今ですが、我が家のそばには整備された綺麗で大きな河川敷もゲートボールもできる網で駆け込まれた公園まで設置されているのにそこには行きません。

あなたの「ご近所トラブル」投稿、募集します

Jタウンネットでは、あなたや周囲の人が遭遇した「ご近所トラブル」体験談を募集しています。メール(toko@j-town.net)で、具体的なエピソード(500文字~)、あなたの住んでいる都道府県、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別、職業を明記してお送りください。秘密は厳守いたします。

(※なお本コラムでは、プライバシー配慮などのため、いただいた体験談の一部を改変している場合があります。あらかじめご了承ください)

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Jタウンチャンネル
バイク買取販売店「バイクパッション」
ひろしまサンドボックスチャンネル
注目情報
20190326jtown3.jpg

ここでしか手に入らない限定グッズを見逃すな

20190313touden2.jpg

クイーンズ伊勢丹のバイヤーに聞く「福島牛」の現在とは

20190222koshiduka_a.jpg

駅内の人気店も待望の復活。一風変わったスタバも出店します。

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ