「峠の釜めし」容器の再利用法に注目 実はご飯が炊けるって、知ってた?

2020年2月 9日 11:00

群馬、長野、東京に販売店を持つ荻野屋(本店:群馬県安中市)の看板商品「峠の釜めし」。JR横川駅で販売され、60年以上にわたって親しまれる駅弁だ。

峠の釜めしで特徴的なのが、益子焼の「土釜」。これを捨てずにとっておけば、家で再利用できることを皆さんご存じだろうか。

実は、ご飯を炊くことができるのだ。白米はもちろん、具材を入れて混ぜご飯にするなどバリエーションは豊富だ。

土釜、家で再利用できるんです(画像はらっこ@lucrakkoさん提供)
土釜、家で再利用できるんです(画像はらっこ@lucrakkoさん提供)

こうした再利用法は、峠の釜めしを取り上げた「マネー現代」の2020年2月5日の記事をきっかけに注目を集めることに。実際にやってみたというユーザーからはツイッターに、

「実家ではよくこれでご飯炊いてました。おこげとか出来て美味しかったですよ」
「ご飯炊いたことあるけど美味しかった 今ではお猫様の水飲みになってます」
「サイズも炊け具合もホントちょうどよかった」

といった声が寄せられている。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ