元祖なき今も、DNAは受け継がれ... 「自分の血肉」になるタコライス

2016年4月30日 11:00

「タコス」はメキシコを代表とする有名な料理だが、「タコライス」はおととし(2014年)12月に他界した儀保松三さんが1984年に沖縄で考案した、まだ比較的歴史の浅い沖縄料理。その意味は「タコスの具を乗せた飯」。Wikipediaによれば、円高により外食を控えるようになった米兵向けに、コストパフォーマンスのよい新メニューとして考え出されたそうだ。

確かに、儀保松三さんが創業した金武町金武の「パーラー千里」の近くにはキャンプハンセンがあり、かつては今よりも多くの米兵が街を行き通っていた。

キングタコス(筆者撮影)
キングタコス(筆者撮影)

31年間愛され続けた「パーラー千里」は昨年6月に閉店したものの、儀保さんの孫が手がける系列店「キングタコス」で「パーラー千里」で味わうことのできたタコライスをいただくことができる。

各地に広がる「キングタコス」(Google Mapより)
各地に広がる「キングタコス」(Google Mapより)

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Jタウンチャンネル
バイク買取販売店「バイクパッション」
ひろしまサンドボックスチャンネル
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ