実際、「鳩サブレー」と「鴨サブレ」はどこまで似ているのか? 食べ比べて徹底比較してみた

2016年1月16日 11:23

鳩じゃありません、「鴨」のサブレです――。読者の皆様は、京都の老舗・井筒八ッ橋本舗が販売する「鴨サブレ」をご存じだろうか。

「ハト」と「カモ」、美味しいのはどっち?
「ハト」と「カモ」、美味しいのはどっち?

京のまちのシンボルともいえる鴨川にやってくる「鴨」をイメージした焼き菓子というが、その見た目は神奈川・鎌倉名物の豊島屋「鳩サブレー」にうり二つなのだ。パッケージデザインはどちらも黄色い箱に鳥の絵が描かれたものと、よく似ている。

2012年に誕生した鴨サブレと、明治末から販売されているという鳩サブレー。積み重ねてきた歴史という面では勝負にならないが、はたして味の方はどうなのだろうか――。

今回のJタウンネットでは、2つの「鳥形サブレ」を食べ比べてみたい。

リアルさでは「カモ」の勝ち?

まずは、両者のビジュアルを比較してみよう。お馴染みの「ハト」に比べて、「カモ」は目や羽の部分が彫られているなど、どことなくリアルである。表面積は「ハト」の方が一回り大きいが、手に持ってみると「カモ」の方がズッシリ重く感じる。その分、目の詰まった生地になっているのだろう。

ハト(ひと)目見たところ、良く似ているカモしれない
ハト(ひと)目見たところ、良く似ているカモしれない

また、パッケージや個包装の表記に注目すると、なぜか「鴨サブレ」のものはフランス語が採用されている。もともと「サブレー」という言葉がフランス語で、その発祥もフランスにあることが理由と思われる。また、外国人観光客の多い京都ならではの表記、という見方もできなくない

鴨サブレは仏語で「sable du canard」
鴨サブレは仏語で「sable du canard」

さて、肝心の味なのだが、これがなかなか比較するのは難しい。――どちらも、ほとんど同じ味なのである。強いていえば、「ハト」の方が濃厚なバターの味わいが舌に残り、食感の「ザクザク感」も強い。一方の「カモ」は、生地の目が詰まっているからか、サクサクとした食感の中にも少しだけ「しっとり感」が感じられた。あくまで、微妙な差なのだが。

使用している原料は、どちらも同じく「小麦粉・砂糖・バター・卵・膨張剤」だ。

こちらが鳩サブレー、ザクッとした食感が特徴だ
こちらが鳩サブレー、ザクッとした食感が特徴だ
これは鴨サブレ、サクッとした食感が特徴だ
これは鴨サブレ、サクッとした食感が特徴だ

ちなみに、値段は「ハト」が7枚で864円(1枚あたり約123円)、「カモ」が5枚で648円(1枚あたり約129円)。コストパフォーマンスだけで見れば、「ハト」に分配があがるようだ。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ