徹底調査! 「東京チカラめし」の跡地は今、どうなっているのか

2015年5月21日 17:00

栄枯盛衰が激しい日本の外食業界。2011年6月に東京・池袋西口に1号店がオープンした「東京チカラめし」は、従来の「煮る」牛丼ではなく「焼く」牛丼で、大きな話題となった。こってりした油っぽさが肉好きにうけて急成長したが、他の牛丼チェーンが対抗メニューを発売すると失速、店舗の閉店が相次いだ。

運営元の三光マーケティングフーズは2014年4月、直営店の約7割にあたる68店舗を手放した。譲渡先は関東地方でカラオケ店や飲食店を経営するマックグループだが、承継した店舗はその後すべて別業態に変更された。
しかし、三光が手元に残した店舗のうち15カ所(直営12、フランチャイズ3)は現在も営業している。

現在も営業中の「東京チカラめし 新宿西口1号店」(編集部撮影)
現在も営業中の「東京チカラめし 新宿西口1号店」(編集部撮影)

一時は140店にまで達し、都心の駅前ではほぼ必ずと言っていいほどその看板を目にした東京チカラめし。閉店または別業態へ転換した店はどうなっているのだろうか。Jタウンネットは東京チカラめしのあった場所をいくつか訪れた。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ