東京では誰も知らない?「金ちゃんヌードル」を根っからの関東人が食べてみた

2015年2月17日 16:00

生粋の関東人の94%(推定)は金ちゃんを知りません

深夜になると徳島製粉のCMばっかり流れている県もあるという。ところが、関東では、部のコンビニや100円ショップが扱う程度で、その存在を知る人は極めて少ない。上京した人がその事実を知って驚くこともしばしば。

西日本でペヤングが無名だったのとある意味似ている。

沖縄では業界最大手の日清食品をしのぐほどの人気ぶりだという。

そんな金ちゃんヌードルを確実に買える場所が東京・有楽町にある。アンテナショップの聖地、東京交通会館1階の「徳島・香川トモニ市場」だ。

この店目当てに筆者は有楽町に来たわけではなかった。しかし、店頭に置いてあったパンフレットに思わず目が止まった。三丁目の夕日っぽい坂東英二さんの表情に目が釘付けになってしまったのだ。

鳴門市観光ガイドブック
鳴門市観光ガイドブック

「徳島には何かがありそうだ...」。自分の嗅覚を信じて店に入った。

何気なく右側に目を向けると、何とも味のあるパッケージの商品群が並んでいる。この時点で金ちゃんヌードルの存在を知らなかった関東人の筆者だが、

「はじめて聞く商品名だけど、歴史を感じるデザインだな。これは食べてみる価値がありそうだ」

と直感した。

並んで置いてあったしお味やコク旨カレー味などにも興味をそそられた(西日本出身の編集部員にこの話をしたら、「ねぎらーめんもあるよ!」)。しかし原点を体験してからの方がいいだろうと考え、一番シンプルな商品を試食することにした。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ