翁ー大名細川家の能の世界ー

2020年6月29日 10:52

   室町時代に観阿弥・世阿弥父子が大成した能は、日本の代表的な古典芸能として海外でも高い評価をうけています。細川家では初代・細川幽斎(藤孝)を始め、歴代の当主が能の文化に心を寄せ、当主たちも自ら舞台に上がりました。そのため、細川家の拠点となった熊本や東京には、能装束・面・楽器や小道具など700点近い能楽コレクションが伝来しています。能の原点ともいわれる「翁」は、翁面をかけることで演者は神になり、世の安泰を祈願して舞を舞う特別な演目です。本展では「翁」を中心に、能に登場する様々な神を装束や面を通して紹介します。併せて細川家と能の密接な関係を示す貴重な資料も展覧します。

イベント詳細ページへ

会期

2020年7月23日(木) ~ 8月30日(日)

会場

永青文庫

所在地

〒112-0015 東京都文京区目白台1-1-1

インターネットミュージアム
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ