【コロナウイルス感染防止により延期】戸栗美術館 名品展Ⅰ | ―伊万里・鍋島―

2020年3月24日 10:03

   二期にわたって開催される『戸栗美術館 名品展』。今展では収蔵品の中核をなす伊万里焼・鍋島焼の珠玉のうつわ約100点とともに、時代の特徴から文様・器形の楽しみ方まで陶磁器鑑賞のコツをご紹介いたします。戸栗美術館は東洋陶磁器専門の美術館として、1987年11月に渋谷区松濤に開館いたしました。収蔵品の中核をなすのは、日本初の国産磁器であり江戸時代の人々の暮らしを豊かに彩った伊万里焼と、将軍献上を目的とした贈答品である鍋島焼です。両者とも、江戸時代においては暮らしの中で使用されるうつわでしたが、今では絵画の様に鑑賞する美術品として我々の眼を楽しませてくれます。今展では、「磁器を鑑賞する」ことに注目いたします。実用のうつわから美術品への評価の歴史を辿りながら、それぞれの時代にどのような人々がどういった言葉でその魅力をあらわしてきたのか、そうして評価されてきたうつわを現代ではどう見るのかを考える展覧会。伊万里焼・鍋島焼それぞれを代表する珠玉のうつわとともに、時代の特徴から文様・器形の楽しみ方まで、陶磁器鑑賞のコツをご紹介いたします。名品が一堂に会するまたとない機会です。心ゆくまでご堪能ください。※コロナウイルス感染防止のため、当面の間休館となります。詳しい情報は、公式サイトにてご確認ください。

イベント詳細ページへ

会期

2020年4月11日(土) ~ 6月7日(日)

会場

戸栗美術館

所在地

〒150-0046 東京都渋谷区松涛1-11-3

インターネットミュージアム
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ