新収蔵記念「北京官話」

2020年3月20日 10:03

   80年ぶりの公開、《北京官話》1940(昭和15)年に開催された紀元二千六百年奉祝美術展覧会は日本国内ではそれまでにないほど大規模の公募展覧会であり、洋画部門の出展数だけでも700点を超えました。この展覧会に中村研一が出展した作品が《北京官話》です。長らく所在が定かではありませんでしたが、このほど寄贈によリ当館所蔵作品となりました。貴重な戦前作であるだけでなく、歴史的契機となる展覧会の出品作でもある《北京官話》は、文字通り中村研一の画業を代表する作品の一つです。今回の展示では寄贈を記念して本作を紹介するとともに、中村が描いた周囲の人々―もっとも数多くモデルをつとめた妻・富子夫人、肉親や知人の姿を概観します。《北京官話》の公開展示は、確認される限り、1940年の紀元二千六百年奉祝美術展覧会以降、実に80年ぷりとなります。この機会にぜひご覧ください。※会期の変更がございます。ご注意ください。※また、今後の新型コロナウィルス感染拡大の状況により、開催期間が変更になる可能性がありますので、ご了承ください。

イベント詳細ページへ

会期

2020年4月14日(火) ~ 5月10日(日)

会場

中村研一記念小金井市立はけの森美術館

所在地

〒184-0012 東京都小金井市中町1-11-3

インターネットミュージアム
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ