ミニ企画展「さようならシキ800」

2020年2月 8日 10:05

   インフラの整備を支える物流として、重量品の輸送があります。戦後、各地で電源開発が進み、それに伴い変圧器等の重量品輸送が盛んになりました。現在ではトレーラー輸送も多く用いられていますが、当時は道路事情の悪さもあり、鉄道輸送は欠かすことのできないものでした。長らく重量品輸送に携わってきた日本通運㈱では、大型変圧器等を鉄道輸送するためにシキ車という貨車(大物車)を所有しています。このうち、昭和48年(1973)から46年間にわたり運用されたシキ800が、令和元年(2019)11月をもって引退しました。これを記念し、昨年11月、京都鉄道博物館にて日本貨物鉄道㈱殿所有のEF200形直流電気機関車と共に車両特別展示が行われました。本展では、京都で展示されたパネルやシキ800の最終輸送関係映像のほか、実際に使用された車票等からシキ800の姿をふりかえります。あわせて、他のシキ車の写真や模型から、普段目にする機会のほとんどないシキ車の一端をご紹介します。

イベント詳細ページへ

会期

2020年1月26日(日) ~ 3月29日(日)

会場

物流博物館

所在地

〒108-0074 東京都港区高輪4-7-15

インターネットミュージアム
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ