企画展「大嘗祭」

2019年10月22日 10:15

   天皇の代替わりに際して古代から行われる儀式には、主に「践祚(せんそ)」、「即位儀」、そして「大嘗祭」があります。「践祚」とは皇位を承け継ぐことを意味し、古くから皇位を象徴する神器の継承が行われました(現・剣璽等承継の儀)。「即位儀(現・即位礼正殿の儀)」とは皇位の継承を広く天下に公示する儀式です。「大嘗祭」は、即位した天皇が、新穀を中心とする神饌(神の食事)を初めて天照大神(天皇の祖先神)に供え、自らも召し上がる祭祀です。これは即位儀の後の11月の2度目の卯日に行われてきました。この祭祀は7世紀末の天武・持統天皇の時代に成立し、平安時代には基本的な形式が確立しました。応仁の乱以降、約220年行われなかったものの、江戸時代中期に再興され、元文3年(1738)桜町天皇からは、現在まで途切れることなく行われています。本展では、國學院大學所蔵資料のうち、江戸時代のものを中心に、大嘗祭に関わる絵図、古典籍、模型、古文書を展示いたします。

企画展「大嘗祭」チラシ画像

イベント詳細ページへ

会期

2019年11月1日(金) ~ 11月25日(月)

会場

國學院大學博物館

所在地

〒150-8440 東京都渋谷区東四丁目10番28号〔國學院大學渋谷キャンパス内〕

インターネットミュージアム
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ