調布能楽Odyssey破 守破離

2019年8月23日 10:02

   千利休の『利休道歌』にある「守破離~規矩作法守り尽くして破るとも離るるとても本を忘るな」。この「守破離」の思想をもって、能楽師山中迓晶さんと覆面アーティストamさんが、伝統芸能の「過去・発展・進化」の段階を追って紹介します。お二人は、古典を一度分解し、”今”にフィットさせる過程を踏んで、再解釈と新たな視点を世に問いかけています。過去の展覧会「回-volvo」では、「回」というテーマを中心に、能楽師と現代アーティストがそれぞれの視点から解釈し「山姥」という曲目を一つの軸として「輪廻・回」という概念を作品に落とし込んで表現しました。その作品の形態は創作面からパフォーマンスまで多岐に渡ります。本展では、江戸時代を含む能面や装束、扇子など古典的な展示をはじめ、縄文時代から今に至るまで時代を超えたエッセンスを取り入れながら現代美術やデザインの視点で作品を展開していきます。また、この展覧会に向けて制作したパフォーマンスも含むアート作品「PeoO切り離された足にもタコの魂は宿る」を発表します。今回の作品群を通じて、能や現代美術の未来に対し親近感を持っていただければ幸いです。

イベント詳細ページへ

会期

2019年9月14日(土) ~ 11月4日(月)

会場

調布市文化会館たづくり 1階展示室

所在地

〒182-0026 東京都調布市小島町2-33-1調布市文化会館たづくり内

インターネットミュージアム
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ