日本藝術院創設百周年記念 奥谷博展

2019年8月23日 10:05

   奥谷博は、東京藝術大学在籍時から現在に至るまで具象絵画での表現を徹底的に貫き続け、今や日本の洋画界において至高の存在となっております。2007年には日本人の油彩画家として初めてパリ・ユネスコ本部にて個展が開催され、同年に文化功労者、さらに2017年に文化勲章を受章するなど、輝かしい活躍ぶりを見せております。現在は日本藝術院会員であり、独立美術協会に所属し、精力的に制作を続けております。本展では、厚塗りが特徴的な学生時代の初期作から、《Landscape─〈海〉─》をはじめとする大迫力の近作にいたる全二四点の作品による、奥谷博の多様な作品世界の真髄をご覧いただけます。「藝術無終」―描くことは生きることであり、芸術には決して終わりがない。そう語る画家の、滾る魂にあふれたダイナミックな作品を、全身で感じて頂けたら幸いです。

イベント詳細ページへ

会期

2019年10月13日(日) ~ 12月15日(日)

会場

美術愛住館

所在地

〒160-0005 東京都新宿区愛住町2-5

インターネットミュージアム
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ