横綱の系譜 | ―若乃花(初代)、隆の里、そして稀勢の里―

2019年8月 9日 10:00

   72代横綱・稀勢の里の師匠は59代横綱・隆の里、その師匠が45代横綱・若乃花(初代)にあたります。平成29年(2017)一月場所で初優勝し、横綱に昇進した稀勢の里。明治神宮で行われた横綱推挙式では、若乃花(初代)が使用した化粧廻しを締めて横綱土俵入りを奉納しました。また、土俵入りの型は若乃花(初代)と同じ雲龍型で、若乃花(初代)に対する特別な思いが感じられます。いよいよ稀勢の里の断髪式が九月場所後に行われ、改めて力士生活を終えます。今回は稀勢の里につながる横綱の系譜として、若乃花(初代)、隆の里の3横綱に注目します。人気を誇ったそれぞれの時代に思いをはせていただければ幸いです。

イベント詳細ページへ

会期

2019年8月19日(月) ~ 9月27日(金)

会場

相撲博物館

所在地

〒130-0015 東京都墨田区横網1-3-28国技館1階

インターネットミュージアム
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ