杉並の生き物と外来生物 | メダカ!タヌキ!アライグマ!?

2019年7月18日 10:03

   ◎杉並にはどんな生き物がいるのだろう?すこし前まで、杉並地域には「武蔵野の雑木林」がおりなす豊かな農村風景が広がり、そこでは多くの生き物たちが生活していました。近年の急激に進んだ都市化によって、数を減らしてしまった生き物もいますが、緑の残る地域では今でもたくさんの生き物を見ることができます。◎「外来生物」ってなんだ?近年「外来種(生物)」という言葉はよく耳にするようになりました。外来生物とは、もともとそこにいなかったのに人の手によって運ばれ住みついた生き物のことを言います。では、いったい「外来生物」ってなにが、どこが問題なのでしょう?本展では、外来生物の問題や、身近な生き物とどう付き合っていくべきかを考えます。

イベント詳細ページへ

会期

2019年7月13日(土) ~ 9月8日(日)

会場

杉並区立郷土博物館

所在地

〒168-0061 東京都杉並区大宮1-20-8

インターネットミュージアム
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ