明治から昭和に生きた美人画家・西田青坡展

2019年7月 5日 10:00

   日本画家・西田青坡(せいは)、本名・孝一は明治28年(1895)に東京に生まれました。青坡の伯父・西田伝助(1838~1910)は友人の戯作者・條野採菊(1832~1902)らと共に「東京日日新聞」〔現在の毎日新聞〕を創設し、その縁で青坡は採菊の息子である日本画家・鏑木清方(1878~1972)へ明治40年(1907)頃に弟子入りします。美人画家として知られていた清方のもとで、東京の下町の風情を詩情豊かに謳いあげた風俗美人画に取り組みました。明治の日本画研究団体の烏合会や巽画会の他、清方門下による展覧会の郷土会に出品を重ね、画家としての腕を磨いていきます。明治大正の風俗のほか、次第に江戸の文化へも目を開き、江戸の女性美の研究を重ねて昭和戦前まで数々の優品を残しました。青坡は昭和10年(1935)頃に大森区雪ヶ谷〔現在の大田区南雪谷〕に居を構え、昭和55年(1980)に亡くなるまでを過ごしました。青坡の画業は戦前までであったため、現在までその活動や作品が詳らかに紹介される機会に恵まれませんでしたが、この度、青坡のご遺族が中心となり、青坡ゆかりの当地で所蔵品を一挙初公開いたします。優美な青坡の芸術をお楽しみいただけますと幸いです。【開室時間】・7月11日(木)14時~18時・7月12日(金)~14日(日)10時~18時・7月15日(月)10時~14時

イベント詳細ページへ

会期

2019年7月11日(木) ~ 7月15日(月)

会場

大田区民ホール・アプリコ

所在地

〒144-0052 東京都大田区蒲田5-37-3

インターネットミュージアム
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ