世界映画紀行 東南アジア編

2019年6月14日 10:08

   「世界映画紀行」は、各地の映画作品から世界の様々な地域を辿るシリーズです。第1回目は、東南アジア地域に焦点をあてます。6月と8月の2期にわけて、東南アジア映画史を代表する監督たちの新旧の名作から、計4作品を上映します。■上映作品『悪夢の香り』(1977)監督:キドラット・タヒミック『一切れのパンの愛』(1991)監督:ガリン・ヌグロホ『シアター・プノンペン』(2014)監督:ソト・クォーリーカー『光りの墓』(2015)監督:アピチャッポン・ウィーラセタクン■主催:川崎市市民ミュージアム/協力:国際交流基金アジアセンター、公益財団法人川崎市国際交流文化協会【会場】川崎市市民ミュージアム1F映像ホール【上映スケジュール】6月22日(土)、23日(日)、8月24日(土)、25日(日)11:00/14:00(開場は15分前)※詳細は当館HPをご覧ください。【チケット販売時間】10:00~15:00 (※12:00~13:00は販売休止)※各回入れ替え制※前売り券なし/当日先着順

イベント詳細ページへ

会期

2019年6月22日(土) ~ 8月25日(日)

会場

川崎市市民ミュージアム

所在地

〒211-0052 神奈川県川崎市中原区等々力1-2

インターネットミュージアム
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ