美術の森でバードウォッチング

2019年6月13日 10:00

   鳥は、古来、美術において重要なモチーフです。さえずり、飛び、泳ぎ、はねるという変化に富むしぐさ、鮮やかな色、美しい声色などの鳥の特性を、古くから人々は愛で、時に神聖なものとして崇め、吉祥の意味を見出し、あるいは生活と密接に結びつくものとして絵に描いてきました。本展覧会では、ヤタガラスという神の使いとしての鳥の姿や、長寿を象徴し、吉祥モチーフとして絶えず描かれてきた鶴、聖天子の誕生とともに現れると考えられた瑞獣・鳳凰、四季おりおりの花と合わせて愛でるために描かれた美しく愛らしい鳥など、鳥の多種多様な表現をご覧いただきます。雀や鶏などの私たちに身近なかわいい鳥から鳳凰などの想像上の鳥までが一同に集まる、美術の森ともいうべき展覧会場でのバードウォッチングを通じて、人と鳥の意外なほどに深い関わりや、さまざまな画家が表現しようとした鳥の美しさや愛らしさを、ぜひ見つけてみてください。前期後期で展示替えあり【前期】8月3日~9月16日/【後期】9月21日~11月10日

イベント詳細ページへ

会期

2019年8月3日(土) ~ 11月10日(日)

会場

海の見える杜美術館

所在地

〒739-0481 広島県廿日市市大野亀ヶ岡10701

インターネットミュージアム
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ