インプリントまちだ展2019―田中彰 町田芹ヶ谷えごのき縁起

2019年6月13日 10:08

   若手アーティストが町田に取材した作品を発表する「インプリントまちだ」の第三弾として、田中彰(たなか・しょう、1988年生まれ)を招へいします。自然と人の関わりを木版画で表現してきた田中は、町田のなかで「木と人が築いてきた関係性」に注目。当館が位置する芹ヶ谷公園の再整備で伐採予定だった「エゴノキ」を、作家とその活動に共鳴するさまざまな専門家の力を借りて根から丁寧に掘り起こしました。子供たちが木登りを楽しんだエゴノキから切り出した版木には作家が町田での取材から得たイメージが刻まれていきます。「きのおくのきおく きおくのおくのき」に耳を澄ませて作られた作品は、一本の木が積み重ねた年月と、人と木との出会いを包み込み、新たな縁を結んでいくことになるでしょう。展覧会では田中のこれまでの作品も紹介。印刷の歴史を追体験して生まれた作品や、「生産地から私たちのもとへと旅する樹木」としてのコーヒーへの関心から世界を巡って制作した作品群、約150点が一堂に会します。作家がエゴノキと対峙して生み出した新作を発表するとともに、エントランスホール内の特設スタジオにて会期を通じて滞在制作する《町田芹ヶ谷えごのき縁起絵巻》を参加者とともに作り上げます。

田中彰《きのおくのきおく》2019年、作家蔵

イベント詳細ページへ

会期

2019年7月6日(土) ~ 9月23日(月)

会場

町田市立国際版画美術館

所在地

〒194-0013 東京都町田市原町田4-28-1

インターネットミュージアム
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ