文学とビール-鷗外と味わう麦酒(ビール)の話

2019年6月11日 10:02

   明治の文豪・森鷗外は、陸軍軍医として明治17年にドイツに留学し、本場のビールを楽しみました。当時、日本ではビールは貴重な飲み物で、本格的に広く飲まれるようになったのは、明治0年代以降のことです。今回の夏のコレクション展では、鷗外とビールの関連性、文学作品に描かれたビールなどを館蔵資料からご紹介します。また、ビールが日本に登場してから今日に至るまでの「ビールの歴史(受容史)」も知ることもできます。

イベント詳細ページへ

会期

2019年7月5日(金) ~ 10月6日(日)

会場

文京区立森鴎外記念館

所在地

〒113-0022 東京都文京区千駄木1-23-4

インターネットミュージアム
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ