特別展「見えているのに見えていない!立体錯視の最前線」

2019年6月 6日 10:00

   明治大学先端数理科学インスティテュートは、社会及び自然にかかわる現象の数理的解析を課題とする国際的研究拠点です。研究テーマの一つに、身近で不思議な現象である「錯視」の解明があります。この展覧会では、錯視研究が始まった意外なきっかけ、錯視とはどういうことかを考え、錯視を研究する社会的意義を明らかにするとともに、立体錯視の具体的な数理モデルを提示し、シミュレーションによって発見された錯視の数々をご覧いただきます。主催:明治大学企画:明治大学先端数理科学インスティテュート(MIMS) 私立大学研究ブランディング事業「数理科学する明治大学」錯視学研究チーム明治大学博物館【ギャラリートーク】7月17日(水) 8月23日(金) 9月5日(木)いずれも14:00~講師:杉原厚吉(明治大学研究特別教授)申込不要 当日特別展示室にお集まりください

イベント詳細ページへ

会期

2019年7月13日(土) ~ 9月8日(日)

会場

明治大学博物館

所在地

〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1-1アカデミーコモンB1

インターネットミュージアム
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ