「金継ぎ連続講座」~漆で繕うお気に入りの器~(全4回)

2019年5月18日 12:09

   壊れてしまった大切な器を、金継ぎの手法で修繕しませんか?日本では、江戸時代以前から漆継ぎ(金継ぎ)、また、江戸時代後期には焼継ぎという手法が誕生し、「継物師」や「焼継師」と呼ばれる職人が行商をしながら、壊れた器を補修していました。当館所蔵品にも、焼継の跡がある化粧道具があり、継いで補修してまで使い続けたいという、江戸時代の女性のお気に入りを大切にする想いが伝わってきます。本講座は、金継ぎの手法を学ぶ全4回の連続講座です。①5/11(土) 接着②5/25(土) 捨て中塗り③6/8(土) 中塗り④6/22(土) 粉蒔き講師:小林広美氏(漆芸作家)定員:12名 ※先着順申込み:伊勢半本店紅ミュージアムまでお電話、もしくはメールでお申込みください。TEL 03-5467-3735(火曜日~日曜日10:00~18:00)メール mail@isehan.co.jp※漆は肌につくとかぶれます。取り扱う際は、必ず講師の指示に従ってください。※修繕したい器(割れ・ひび割れ・欠けがある陶磁器)をご自身でご用意ください。

金継ぎ作品例

イベント詳細ページへ

会期

2019年5月11日(土) ~ 6月22日(土)

会場

伊勢半本店紅ミュージアム

所在地

〒107-0062 東京都港区南青山6-6-20 K's 南青山ビル1F

インターネットミュージアム
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Jタウンチャンネル
バイク買取販売店「バイクパッション」
ひろしまサンドボックスチャンネル
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ