いも観音(天部形立像・如来形立像) 木之本町黒田 安念寺

2019年1月23日 10:00

   「東京にある、長浜の観音堂」をコンセプトに、約2か月交代で滋賀県長浜市から観音像にお出ましいただき、そのお姿を通して長浜の暮らしとそこに住む人々の営みを紹介。《いも観音 木之本町黒田安念寺》 木造 平安時代①天部形立像②如来形立像賤ケ岳の南麓、戦国武将黒田氏発祥の地、黒田村の枝郷・西黒田に建つ安念寺は、奈良時代神亀3年(726)の草創という。この堂には、朽損した像ばかり17躯の平安古仏が伝わったが、近年二度の盗難に遭い、現在は10躯のみ安置されている。今回の出陳像は、このうち三尺サイズの2躯である。寺伝によれば、毘沙門天、大日如来と伝えるが、いずれも両肩から先と足先を欠失し、当初の尊名はわからない。肉付けを強調しない点などから、平安時代も後期、11世紀頃の作かと推測される。安念寺の通称は「いも観音」。元亀2年(1571)、信長の比叡山の焼き討ちの際、この寺も兵火にかかって焼失したが、仏像は門前の田の中に埋めて隠し、難を逃れたといい、その際に像は大きく損傷したと伝える。焼けても壊れても朽ちても、自分たちにとってはかけがえのない家族のような身近な存在「ウチの観音さん」。地域に伝わるホトケを、限りない愛情と誇りと親しみをもって大切に守り続けている湖北地方の信仰の「こころ」が、ここにも受け継がれている。

イベント詳細ページへ

会期

2019年1月22日(火) ~ 3月17日(日)

会場

びわ湖長浜KANNONHOUSE (観音ハウス)

所在地

〒110-0005 東京都台東区上野2-14-27上野の森ファーストビル1F

インターネットミュージアム
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Jタウンチャンネル
バイク買取販売店「バイクパッション」
ひろしまサンドボックスチャンネル
注目情報
20190326jtown1.jpg

半年の改築を経て、生まれ変わった城をめぐってみませんか?

20190313touden1.jpg
20190222koshiduka_b.jpg

駅が約100年前の姿を取り戻した! 今こそ遊びに行こう。

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ