長谷川等伯展 ~屏風・襖‐大画面作品を中心に~

2019年1月11日 10:00

   古来より日本家屋の仕切りとして用いられてきた屏風や襖。大きな平面を持つそれらは大画面絵画の媒体としてまさにうってつけで、これまで数多くの絵師たちが存分に腕を振るい、幾多の扉風や襖の名作が描かれてきました。能登七尾出身で桃山時代に大活躍した絵師・長谷川等伯(1539~1610)もそのひとりです。彼も京都移住後の50歳以降の時期を中心に、彩色画・水墨画の双方で数多くの大画面作品を制作しました。今回で24回目の開催となる「長谷川等伯展」は「大画面作品」がテーマ。等伯晩年期制作の水墨による屏風や襖を中心に、若年期制作の仏画や「長谷川派」絵師による絵画もあわせ、作品や資料など計21点を紹介します。等伯入魂の名品たちをぜひともご鑑賞ください。

「松竹図屏風」 長谷川等伯筆 石川県七尾美術館蔵

イベント詳細ページへ

会期

2019年4月27日(土) ~ 5月26日(日)

会場

石川県七尾美術館

所在地

〒926-0855 石川県七尾市小丸山台1-1

インターネットミュージアム
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ