画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年

2018年12月 7日 10:05

   画業還暦、それは再び「環」を描きだす新たな幕開け。1959年のデビュー以降、1960年代から70年代にかけて劇画ブームの第一線で人気漫画家として活躍したバロン吉元。『週刊漫画アクション』に10年に渡り連載された代表作「柔俠伝」シリーズをはじめ、「どん亀野郎」「黒い鷲」「殴り屋」など数多くの作品を発表。しかし人気絶頂の最中、全ての連載を終了し突如渡米。帰国後はバロンの名を伏せ、絵画制作への挑戦を開始した……バロンの夢は、天空を舞い、さらに新境地へと飛び翔ける——大作に挑み続け、迎える画業「還」暦の年。無限(エンドレス)記念祭(アニバーサリー)の始まりだ。「バロン吉元☆元年」画俠のめくるめく激烈の歩みを、さぁ!共に祝い、追いかけよう!

イベント詳細ページへ

会期

2019年1月3日(木) ~ 3月31日(日)

会場

弥生美術館

所在地

〒113-0032 東京都文京区弥生2-4-3

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2019/2/22

地震が発生してオランウータンが園内に逃げ出した!――という想定で、動物脱出対策訓練が2019年2月22日、多摩動物公園(東京都日野市)で行われた。訓練の様...

2019/2/22

TBS、置物のミミズクを本物と間違える――。2019年2月21日、インターネット上の話題をさらったこのニュース。まさかすぎるミスに、思わず噴き出してしまっ...

2019/2/22

投稿者が飼っているネコが「キメラ」に変身――!? こんなツイートが2019年2月10日に投稿され、話題になっている。ではここで、実際どんな画像だったのか、...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Jタウンチャンネル
ひろしまサンドボックスチャンネル
バイク買取販売店「バイクパッション」
注目情報
小倉城

食の魅力もいっぱい!市政55年を迎えた北九州市を紹介

20190222koshiduka_b.jpg

東京で最も多く「福島牛」を仕入れる理由

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ