小さいながらもたしかなこと日本の新進作家vol.15

2018年11月 9日 10:00

   「日本の新進作家」展は、写真・映像の可能性に挑戦する創造的精神を支援し、将来性のある作家を発掘するため、新しい創造活動の展開の場として2002年より開催しています。15回目となる本展では、「小さいながらもたしかなこと」をテーマに掲げ、自らの感性や考え方、アイデンティティやリアリティを手がかりに作品を制作する5名の作家をご紹介します。予測困難な自然災害や広がりを見せる経済格差、LGBTの人々に対する法的整備の遅れ等、個人をめぐる状況がゆれ動き、たしかなことを見出しにくい時代に、作家によって作品に込められた「たしかなこと」。その一つ一つは決して大きなものではないのかもしれませんが、わたしたちに、今を生き抜く勇気や希望を与えてくれます。本展では、作家それぞれの「小さいながらもたしかなこと」に迫り、その表現の射程を探ります。

イベント詳細ページへ

会期

2018年12月1日(土) ~ 2019年1月27日(日)

会場

東京都写真美術館

所在地

〒153-0062 東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/11/21

洗い物が嫌いで、調理に使ったフライパンや鍋をそのまま使ってしまう――。そんな「ズボラ」な人は案外多いかもしれない。 筆者もその一人。特に一人暮らしをしてい...

2018/11/21

日本書道美術館は、1973(昭和48)年11月4日、東京常盤台の閑静な住宅街に、「博物館法」に基づいたわが国初の「書道」を専門とする美術館として開館しまし...

2018/11/21

赤いドレスとタマネギ型のおだんご頭がトレードマークの「リトルミイ」は数々のムーミン作品に登場し、ムーミンを語るには欠かせない存在です。小さいけれど、勇敢で...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
墓じまい

ブームの「終活」について前向きに考えてみる。

小倉城

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ