所蔵作品展近代工芸の名品―[特集展示]棗にまつわるエトセトラ

2018年11月 7日 10:02

   棗(なつめ)は、掌の中におさまる大きさ、軽さや手触りから、身近な茶道具の一つです。これまで多くの茶人の好みを反映して、さまざまな形が生み出されてきました。一方で、優れた形は、整理・洗練され、利休形のように、大きさや形が厳しく定められたものもあります。こうした制約の中でも、用と美の融合という棗制作の難しさが多くの作り手を魅了するのでしょうか、近代の工芸作家も多くが棗制作に取り組んでいます。本展では、近代の漆芸家や木工芸作家が手がけた棗を特集陳列します。あわせて用と美がせめぎあう近代工芸の名品約100点を展示します。

イベント詳細ページへ

会期

2018年12月21日(金) ~ 2019年2月11日(月)

会場

東京国立近代美術館工芸館

所在地

〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1-1

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2019/1/17

昭和24年の発隊から今日まで、東京の安全と安心を目指す東京消防庁のPRを行って70年を迎える音楽隊の歴史を紹介します。イベント詳細ページへ会期2019年2...

2019/1/17

展示車両に乗り、カメラで撮影した写真をプレゼントします。今回は、ベンツ・メッツ梯子自動車です。ベンツ・メッツ梯子自動車イベント詳細ページへ会期2019年2...

2019/1/17

突然だが、あなたは「鮭」をどう読んでいるだろうか。「サケ」なのか、それとも「シャケ」なのか。おにぎりやお弁当で考えてみてもいい。人によって、その読み方は分...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
saga4_80x80.jpg

○○の後は有明海を臨む露天風呂でほっこり

釣り

回転で流れて来た握りは...

小倉城

食の魅力もいっぱい!市政55年を迎えた北九州市を紹介

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ