所蔵作品展近代工芸の名品―[特集展示]棗にまつわるエトセトラ

2018年11月 7日 10:02

   棗(なつめ)は、掌の中におさまる大きさ、軽さや手触りから、身近な茶道具の一つです。これまで多くの茶人の好みを反映して、さまざまな形が生み出されてきました。一方で、優れた形は、整理・洗練され、利休形のように、大きさや形が厳しく定められたものもあります。こうした制約の中でも、用と美の融合という棗制作の難しさが多くの作り手を魅了するのでしょうか、近代の工芸作家も多くが棗制作に取り組んでいます。本展では、近代の漆芸家や木工芸作家が手がけた棗を特集陳列します。あわせて用と美がせめぎあう近代工芸の名品約100点を展示します。

イベント詳細ページへ

会期

2018年12月21日(金) ~ 2019年2月11日(月)

会場

東京国立近代美術館工芸館

所在地

〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1-1

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/11/16

大阪で長年愛される和菓子店がある。阪急十三駅(大阪市淀川区)近くに本店を構える「喜八洲総本舗」だ。大阪市内を中心に13店舗を構え、みたらし団子や酒まんじゅ...

2018/11/16

修験道の祖である役行者、鎌倉時代の浄土真宗の祖である親鸞の絵伝を紹介します。絵画を伴った伝記は、釈迦(ブッダ)を発端としており、ガンダーラ地域でその生涯や...

2018/11/16

本展では、北斎一門の作品を中心とした浮世絵から、現在の食文化のルーツである江戸時代の人々の食のあり方をご紹介します。「和食」は、ユネスコ無形文化遺産登録5...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
小倉城

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ