明治150年関連施策展示「明治期印刷局の装丁技術」

2018年10月18日 16:06

   国立印刷局と本作りの関わりは、明治8年にさかのぼります。当時お雇い外国人パターソンから手ほどきを受けた洋式の装丁技術は現代まで引き継がれています。明治期の印刷局図書製品から当時の装丁技術について紹介しています。

イベント詳細ページへ

会期

2018年9月26日(水) ~ 11月11日(日)

会場

お札と切手の博物館

所在地

〒114-0002 東京都北区王子1-6-1

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/11/20

これは大福?それともクッション?いや、実は猫なんです――こんなツイートが2018年11月13日に投稿され、話題になっている。これは猫です pic.twit...

2018/11/20

バスタオルって、どれくらいの頻度で洗えばいいのだろう。1度使ったら必ず洗わないとダメな人もいれば、週に1回くらいでOKだという考え方もあるだろう。はたまた...

2018/11/20

紅花ってどんな花?黄色い紅花がどうして紅になるの?江戸時代の女性はどんなお化粧をしていたの?伊勢半本店紅ミュージアムへ初めてお越しの方、解説つきでご見学な...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
墓じまい

ブームの「終活」について前向きに考えてみる。

小倉城

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ