明治150年関連施策展示「明治期印刷局の装丁技術」

2018年10月18日 16:06

   国立印刷局と本作りの関わりは、明治8年にさかのぼります。当時お雇い外国人パターソンから手ほどきを受けた洋式の装丁技術は現代まで引き継がれています。明治期の印刷局図書製品から当時の装丁技術について紹介しています。

イベント詳細ページへ

会期

2018年9月26日(水) ~ 11月11日(日)

会場

お札と切手の博物館

所在地

〒114-0002 東京都北区王子1-6-1

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2019/1/22

北海道江別市に位置する、もう一つの世田谷。作品や資料をとおして、北の世田谷を紹介する初の展覧会です。北海道江別市の世田谷部落*をご存知でしょうか? 北の〈...

2019/1/22

江戸時代、幕府によって整備された街道には、さまざまな人や行列が往来し、活気にあふれていました。なかでも将軍や姫君たちのそれは、長大で沿道の人々を圧倒しまし...

2019/1/22

NHKEテレで放送中の番組「猫のしっぽカエルの手」でおなじみのベニシア・スタンリー・スミスさん。本展ではベニシアさんの愛用品や、京都大原の人々との出会いや...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
saga4_80x80.jpg

○○の後は有明海を臨む露天風呂でほっこり

釣り

回転で流れて来た握りは...

小倉城

食の魅力もいっぱい!市政55年を迎えた北九州市を紹介

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ